イタリアンハンドメイドフレーム COLNAGO/SARTO情報Webサイト by EURO-WORKS




























SARTO TRAMA 390.000円+税

■SPEC
・フレーム重量 900g(not ISP/塗装なし)
・フォーク重量 370g(cut前/塗装無し)
・Stiffness value  105 N/mm (*1)
・アウターラミネートカーボン 3K
・メインカーボン素材  M 46 J
・ヘッドサイズ 1-1/8 1-1/2
・BB規格 PRESS FIT 86.5 or BB386
・シートポスト 31.6

■オプション(税別)
・フルジオメトリーオーダー 50.000円
・ISPシートポスト 30.000円
・UDカーボンフィニッシュ(アウターラミネート)50.000円
・チェーンステイダイレクトマウントブレーキ仕様 50.000円
・BB規格変更(BSA)10.000円
・DISCブレーキ仕様 
・フレームカラー グラフィックチェンジ 70.000円
・フレームカラーチェンジ 30.000円
・オーナーネーム 10.000円
・国旗ペイント 5.000円 

■サイズ XS(TOP515)/S(TOP530)/SM(TOP540)/M(TOP550)/L(TOP565)/XL/XXL

■カラーラインナップ




TR-01









TR-02









TR-03









TR-04





































*1) Stiffness valueとはSARTOのフレーム剛性の基準となる、ダウンチューブの剛性を表す数値です。
フレームの組み立て完成後、全てのフレームのテストを行い、基準値通りに出来ているかをチェックした後ペイント~出荷となります。
測定方法はヘッドチューブに測定具を取り付け、
ヘッドチューブの中心部から250mmフロントフォーク先端寄りの部分に400ニュートン(約38kgs)の力でゆっくりと加圧。
それによって数mmたわみが出た際に得られる数値をフレーム剛性の目安として表記しています。

この部分の剛性はフレーム全体の剛性感、ブレーキング、コーナリング時のマシンコントロールに影響のある部分なので非常に重要と考えているという事だと思います。